キーボード

【しっとり心地よい】REALFORCE R2(リアルフォース)キーボードレビュー

realforce r2 リアルフォース 静電容量無接点 キーボード
  • REALFORCE(リアルフォース)を購入しようか迷っている
  • REALFORCE(リアルフォース)を使った人の感想を聞きたい

この記事では、こんな悩みを解決します。

この記事を書いた人

はやと

プログラマー兼キーボーディスト

その日の気分やシーンによって複数のキーボードを使い分けています

メリット/デメリット・打ち心地・タイピング音に至るまで、このキーボードの特徴をお伝えします

キースイッチの最高峰「静電容量無接点方式」のキーボードとして人気のリアルフォース。

東プレのキーボードは入力時の静かさやキータッチの心地よさ、疲れにくさに定評があります。

チャタリングも起きないため、データ入力などの用途で下記のような企業で使用されています。

  • 金融機関
  • 計算センター
  • 流通、交通、医療、放送機器
  • 各種入力専用機

私たちに身近なところでは、セブンイレブンのATMのテンキーも東プレ製です。

リアルフォースのキータッチとは異なりますが、あの押し心地はとても軽快で中毒性があり、「REALFORCE SevenEleven Edition」としてぜひ一般販売して欲しいところです。

話は逸れましたが、東プレのキーボードの信頼性が伝わりましたでしょうか。

そんなプロ御用達のキーボード「REALFORCE R2」のレビューをお伝えします。

この記事で分かること
  • REALFORCEの概要
  • REALFORCEを実際に使用した感想
  • REALFORCEの気になるところや注意点
東プレ REALFORCE R2 テンキーレス 日本語配列
created by Rinker

REALFORCE(リアルフォース)の特徴

キーに静電容量無接点方式を採用

realforce r2 リアルフォース 静電容量無接点 キーボード

リアルフォースはスイッチ機構に「静電容量無接点方式」を採用しています。
電極が接することなく一定レベルに近づけば回路が接続されてキー押下を認識する仕組みのため、物理的な接点が無く、底まで押し込まなくても入力されます。

他の主要なキースイッチと比べると値段が高い傾向がありますが、それだけに押し心地がよく耐久性が高いメリットがあります。
耐久性については「5000万回のキー入力耐久試験をクリア」とのこと。

静電容量無接点方式を採用している国内メーカーのキーボードは、リアルフォースとHHKB(ハッピーハッキングキーボード)のみです。

HHKBとリアルフォースどっちが気持ちいい?【打ち心地・タイピング音レビュー】 タイピングが気持ちよく・指への負担が少なく・所有欲を満たして・PC作業のテンションを上がるキーボードが欲しい! こんな欲張り...

キーボードをカスタマイズできる

リアルフォースは専用のソフトを使って、以下の機能を設定できます。

  • Capslock と Ctrl キーの入替え
  • インジケータ LED の色指定
  • キーを無効にする Key Lock 設定
  • APC 機能の設定(APC モデルのみ = 各キーのオン位置の深さを 1.5 / 2.0 / 3.0mm から選んで調節)
  • ファームウェアのアップデート
  • キーボードへの保存

注意点としては「キー配置まではエディットできない」ところ。
キー配置をカスタマイズしてタイピングスピードを追求したい方には不向きです。

はやと

キー荷重30gとAPCでキー反応の深さを浅くすれば、最高に指に優しいキーボードになりそうです

フルサイズ/テンキーレスを選べる

リアルフォースはテンキーありのフルサイズモデルと、テンキーレスモデルがあります。

私はあまり数字入力をしませんし、省スペースにしたいのでテンキーレスを購入しました。

プログラマーやエンジニアにはテンキーレスのキーボードがおすすめです。

【筆者も愛用】プログラマーがおすすめするキーボード【こだわりと使用感】 仕事にも慣れてきたし、プログラマー向けのいいキーボードが欲しいノートPCのキーボードでプログラミングするのは疲れるキーボードって言っ...

スペック表

私の購入した「R2TL-JP4-BK」のスペックをまとめました。

モデルによってキー刻印が昇華印刷だったり、キー荷重が変荷重や30gのものもあります。

■REALFORCE R2 テンキーレス(R2TL-JP4-BK)の仕様

キー刻印レーザーマーキング
スイッチ寿命5,000万回以上
重量1.1Kg
サイズ142mm x 369mm x 30mm
キー数91キーレイアウト
ケーブル長1.7m
キー荷重ALL 45g
キーストローク4mm
キー構造ステップスカルプチャー
NキーロールオーバーフルNキーロールオーバー
インターフェイスUSB
生産国日本
内容物キーボード本体/保証書

REALFORCE(リアルフォース)を使用した感想

realforce r2 リアルフォース 静電容量無接点 キーボード

しっとりと落ち着いた打鍵感

リアルフォースはまさに業務用といった印象どおり、作りがしっかりとして高級感があります。

キー素材も同様で、「碁石や陶器に触れている感じ」というと少し大げさですが、そのような印象です。

私は押下圧45gのモデルを購入しましたが、同じ押下圧のHHKBより少し軽く感じますね。

打鍵音は心地いい「カチャカチャ」

文字にすると「カチャカチャ」ではありますが、耳障りな安っぽいものではありません。
打ち心地と同様、上品でしっとりとした、心地いい「カチャカチャ」です。

私はこのカチャカチャ音を楽しみたいがために非静音モデルを購入しました。

非静音モデルでもその静音性は非常に高く、「あれ、静音モデルを買ったっけ」と思うほどです。

はやと

リアルフォースは打鍵感・打鍵音ともに落ち着いていて、無心でタイピングをしたいときに使用しています

REALFORCE(リアルフォース)の気になるところ・注意点

押下圧30g・テンキーレスの日本語配列ノーマルモデルがラインナップにない

ラインナップが豊富なリアルフォースですが、私が欲しかった下記の組み合わせがないのはとても残念。

  • 日本語配列
  • 非静音
  • APチェンジャー非搭載
  • 押下圧30g
  • テンキーレス

この組み合わせが欲しい方は私以外にも多いのではないでしょうか。

英語配列だと押下圧45gも選択肢が少ないです。
どうしても英語配列・押下圧45gのモデルが欲しければ「PFU Limited Edition」が選択肢になります。

他にも無理やりデメリットを探しましたが、「無線モデルがない」「重くて持ち運びには不向き」くらいでしょうか。

リアルフォースは入力の正確性が求められるキーボードなので、通信が不安定になることもある無線モデルは東プレの理念に合わないのかもしれませんね。

はやと

キーボードとしての機能に不満はありません。
使えば使うほどに良さがわかる良いキーボードです。

さいごに

realforce r2 リアルフォース 静電容量無接点 キーボードrealforce r2 リアルフォース 静電容量無接点 キーボード

リアルフォースのレビューは以上です。

押し心地だけでなく打鍵音も落ち着いていて、長時間のタイピングでも疲れにくいキーボード。
データセンターなどの「プロの現場」で採用されている理由が、改めて分かりました。

キーボードとしての機能を中心に見てきましたが、デザインもメカっぽくてカッコよく、所有欲も満たしてくれます。

リアルフォースはクセのない、誰にでもおすすめできる素晴らしいキーボードです。

REALFORCEはこんな方におすすめ
  • 入力の正確性や信頼性の高いキーボードが欲しい方
  • 膨大なテキストやデータの入力で長時間タイピングをする方
  • 指への負担を軽くしたい方
  • 心地よい「カチャカチャ」というタイピング音を楽しみたい方
東プレ REALFORCE R2 テンキーレス 日本語配列
created by Rinker